難しくて迷ってしまうお布団選びやお手入れ方法等、寝具の小さな豆知識をご紹介するコーナーです。少しでもお客様のお買い物が楽しくなって頂けると幸いです!

座布団について

zabuton

床や畳の上に敷いて、座る時に用いる小さなふとんで、形は、基本的に正方形に近いです。
用途・目的によって様々な種類のものがあります。
掛けふとんや敷きふとんと同様、外側の生地は様々な材質が使われており、中綿は綿、ポリエステル等が使われています。

続きを読む

羽毛布団の正しいお手入れ方法

干した布団を布団たたきでパンパンとたたくのは、布団側生地や、詰め物を傷める恐れがあります。布団を天日干しするゴールデンタイムは午前10時から午後3時です。片面1時間ずつを目安に干すことをおすすめしています。直射日光で布団を傷めないためにも、カバーやシーツはかけたまま干してください。頻度としては大体、月に1~2回。

続きを読む

布団のベストサイズとは?

布団の巾(はば)のサイズに関しましては、側生地に使用されている布の巾が基本です。布団の「巾」に関しては、現在でも昔と大きく変わっていませんが人々の体格も良くなり、「長さ」に関しては、昔と比較して長くなってきました。布団のベストサイズは、身長プラス35~40cmです。打ち直しではお好きな長さで作成が可能です。

続きを読む

布団を長期間保管するときの方法

冬用や夏用など季節によって使い分けている布団や、お客様用の布団など、しばらく使う予定がない布団は、長期保管する前にやっておくこと。タオルケットや布団カバーなど洗濯可能なものは洗っておくとよいです。長期間にわたって使用しないときは、干して十分に乾燥させ湿気を除去。布団を保管するときは、通気性に気をつけてください。

続きを読む

羽毛布団に布団カバーは必要!?

人は、寝ている時にコップ1杯ほどの汗をかくといいます。その汗を布団が吸収。汗は次第に汚れへと変わり、雑菌の繁殖を促進し、臭いの原因や、劣化を引き起こします。布団カバーを付けていれば取り外して簡単にお洗濯でき、清潔に保つ事が出来ます。カバーはこまめに洗い布団を衛生的に。カバーをすることにより暖かみが変わってきます。

続きを読む

万年床って悪い?朝起きたあとの収納

起き抜けは、自分の体温で温められた熱や湿気が布団にこもっています。人間は寝ている間に、コップ一杯分の汗をかきます。万年床は湿気が溜まりやすい環境です。したがって、湿気を好むカビやダニが発生しやすい状況です。除湿対策や、布団乾燥機、掃除機等で湿気対策をしましょう。

続きを読む

羽毛布団打ち直しってエコ?

「物持ちがいい」というのは、手入れししながら良い状態のままで使い続けていることです。綿の布団はかつて非常に高価だったそうです。打ち直しによる再生が行われ、長く大切に使われました。こういった意味では綿布団の打ち直しはリサイクル&エコの先駆けと言えるかも知れません。

続きを読む

マットレスお手入れ方法

マットレスのお手入れをしたいものの、正しい方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。マットレスは放っておくと、カビなどのトラブルが発生するため、定期的なお手入れが必要です。マットレスのお手入れで対処したい問題と、マットレスのお手入れ方法についてご説明いたします。

続きを読む

コインランドリーで布団は洗える!?

布団は毎日肌に直接触れるものだから、きちんとお手入れしておきたいもの。寝ている間にかく寝汗、ダニやホコリ等の汚れが日々積もってしまいます。しかし、全ての布団をクリーニングに出すのも料金がかかる…。そこで、手洗いマーク、ドライマークがついていない布団の場合は「コインランドリーで布団を洗う!」方法がおすすめ!

続きを読む

羽毛の色はホワイトだけじゃない?

白い羽根の水鳥とグレーの羽根の水鳥

羽毛を採取する水鳥の羽毛によって「ホワイトダウン」「シルバーダウン」がございます。色の淡い側生地であってもホワイトダウンの羽毛なら、真っ白な羽が透けて見えて美しいため、日本でも人気があります。当社の羽毛布団打ち直し・リフォームに使用する羽毛は「ホワイトダウン」です。

続きを読む

長時間寝ると腰が痛いのは筋疲労が原因!?

腰に良い硬さの敷布団

長時間寝ると腰まわりの筋肉が疲れてしまい痛みが発生します。
寝ている最中も体を支えるため、肩や腰に負担が掛かり続けています。敷布団が硬すぎて腰に圧迫がかかり、背中への負担かかる。柔らかすぎると寝姿勢が悪いまま一晩寝続け、筋肉や腱をひねってしまう。これは敷寝具がへたっている事が原因の一つです。

続きを読む