難しくて迷ってしまうお布団選びやお手入れ方法等、寝具の小さな豆知識をご紹介するコーナーです。少しでもお客様のお買い物が楽しくなって頂けると幸いです!

長時間寝ると腰が痛いのは筋疲労が原因!?

 たっぷり眠った翌朝、すっきり目覚められるかと思ったら腰に痛みが…。あまりにも長時間寝ると腰まわりの筋肉が疲れてしまい痛みが発生します。例えば、長時間車の運転をして座りっぱなしだ...

続きを読む

羽毛布団の干し方

 布団側生地の傷みや汚れを防ぐため、カバーやシーツでおおって干します。 干した布団を布団たたきでパンパンとたたくのは、布団側生地や、詰め物を傷める恐れがあります。干した布団をパン...

続きを読む

お布団のベストサイズとは?

 敷布団のベストサイズをご存知ですか? 使用する方の身長プラス35~40㎝が敷布団のベストサイズといわれています。寝相、寝返りなどにお悩みでない方はぜひご参考になさってください。...

続きを読む

布団を長期間保管するときの方法

 長期間にわたって使用しないときは、干して十分に湿気を逃がしてから、通気性のあるふとん袋又は布に包み防虫剤を入れて湿気の少ない場所にしまってください。 押入れに収納するときはス...

続きを読む

羽毛布団に布団カバーは必要!?

 人は、寝ている時にコップ1杯ほどの汗をかくといいます。その汗を羽毛布団の側生地が吸収。汗は次第に汚れへと変わり、雑菌の繁殖を促進し、臭いの原因や、羽毛の劣化を引き起こします。 ...

続きを読む

朝起きたあとの収納

 起き抜けは、自分の体温で温められた熱や湿気が布団にこもっています。しばらくはそのままにし、熱や湿気を発散させてから押し入れにしまいます。 敷きふとんは、フローリングなど通気性の...

続きを読む

リフォームってエコ?

 羽毛布団リフォームは生地から羽毛を取出し、洗浄、乾燥してキレイにします。それを新しい生地に充填し羽毛布団を作成します。その際不要となった古い生地ゴミは、ゴミ処理業者に委託して処...

続きを読む

マットレスお手入れ方法

 湿度をカットすることから始めましょう。私達が快適と感じる湿度は40~50%ですが、“カビ” が、快適に感じる湿度は70~80%です。寝具に湿気がこもらないように工夫します。  ...

続きを読む

コインランドリーで布団は洗える!?

 布団は毎日肌に直接触れるものだから、きちんとお手入れしておきたいもの。寝ている間にかく寝汗、ダニやホコリ等の汚れが日々積もってしまいます。しかし、全ての布団をクリーニングに出す...

続きを読む

羽毛の色

ホワイトダウン白い羽をまとった水鳥から採取された羽毛は「ホワイトダウン」と呼ばれ、純白色をしています。色の淡い側生地であってもホワイトダウンの羽毛なら、真っ白な羽が透けて...

続きを読む