起き抜けは、自分の体温で温められた熱や湿気が布団にこもっています。しばらくはそのままにし、熱や湿気を発散させてから押し入れにしまいます。
 敷きふとんは、フローリングなど通気性のない床の上だと水分の逃げ場がなくカビが発生する場合があるので、敷きっぱなしは避け、毎日上げ下ろしをしましょう。